杉の木の上の小熊は無事捕獲されるのでしょうか?2006/10/27

 今朝のアサヒコムの記事に木の上にいる小熊の写真が載っていました。
埼玉県にある神社の境内にある杉の木の上に逃げ込んだ そうです。
ちょこんと座っている格好はテディベアそっくりです。しかし、掲載写真に見る小熊の表情がなんとも哀れです。 多分、親熊が来て呉れるのをじっと待っているのでしょう。
小熊に限りませんが、動物の赤ちゃんや子供は、無防備さからでしょうか、人を和ませてくれるパワーを秘めています。
  ところで、熊が民家近くの現れて人を襲うニュースをよく耳にします。そう思うと当初射殺するという方の考えはもっともかも知れません。 熊の被害を受ける可能性が少ない人にとっては、動物保護の立場から生け捕りにして自然に返すという考えが優位に立つでしょうね。
自然と人とが共存できる何か素晴らしい方法はないのでしょうか?

  注:テディベアの由来については、フリー百科事典『ウィキペディア』に記載があります。
ご覧になっては如何?

興味あることが記載されています

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hosomori.asablo.jp/blog/2006/10/27/576518/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。