簡単!スズメ蜂用トラップ2016/06/28

手製の蜂用トラップ 2016年6月17日撮影

1ヶ月前に仕掛けたスズメ蜂用のトラップ

よく捕れます! 

お勧めしたい手製のグッズ!!




トラップ容器:1~1.5リットル程度の内側が凸凹していないペットボト ル(炭酸系の飲料水の容器など)の上部に近い側面に16mm位のねずみ返 しのある四角形の小窓を開ける。(上と左右はカッターナイフで切り、 下は内側に折り込む)

誘因液(蜂のご馳走?):日本酒1.2リットル+食酢400ml+砂糖500gを よく溶かす。(トラップが約6本作れる量)

これで、ばっちり入りますよ!!

洗濯物に止まっている蜂を知らずに取り込み刺さ れた知人が、次に刺されることがあればショック死する場合もある と医者に警告された由。事故を未然に防ぐ目的でトラップを仕掛け たが、あまりの多さで一寸びびっている次第

垣根の薔薇2016/04/19

↑ Try to click, please.
  垣根のバラ 2016年4月19 日撮影

「薔薇が咲いた♪薔薇が咲いた♪真っ白な薔薇が~♪・・・・・・」

垣根の野ばらが威勢よく咲きだしました。
知人からバラ名を聞いたのですが、かなり大きい一重のバラです
多分野生種だと思いますが、病気知らずでかなり成長も早い丈夫なバラです。

開花前は虫も寄せ付けず、また人も寄せ付けないように鋭い棘だらけ

油断大敵!、開花を待っていたかのように黄金虫のご訪問?!

このバラの名前がお分かりの方は教えて頂ければ幸せです!

バラ茎蜂対策のおまじない?2016/04/15

↑ Try to click, please.
  「HT香貴:(四季咲きバラ)」2016年4月15日撮影

昨年一年間は殺虫剤・殺菌剤を一切噴霧せず放置状態にしたためウドンコ病、黒点病に痛めつけられバラにとっては受難の年であった。

例年ならば12月中旬になっても葉が残り中々冬眠しないので強制的に葉をとっていた。

ところが昨年は黒点病ですべて早々と落葉していまい、茎に栄養を貯めることもできない状態であった。

それにも拘わらず、葉も順調に出て蕾も膨らみ始めた。

その頃を狙って出現するのが、バラ茎蜂である。

この被害については以前、このブログでも触れた。

(「残念!バラ茎蜂にやられた!何か良い対策は?」2010年4月26日の話題)

今年は、この虫が来ないようにオマジナイとして、茎にアルミフォイルを巻き付けたが・・・・・

さ~て!オマジナイの結果は如何に

来ないで!ばら茎蜂さんシャットアウトしますよ!2010/05/03

アルミフォイルを巻いた花首下部分
↑ Try to click, please.
アルミフォイルで防御 2010年5月2日撮影
  4月26日にこの昆虫の被害について触れたが、その被害は更に続いている
その対策についてOKWAVEの質問箱に投稿したところ、結論からいって適当な薬剤はな く、防虫ネットで対応しては?という事であった

下記サイト参照
http://okwave.jp/qa/q5858978.html

結局、ばら会で教わったアルミフォイルで対処する事にした
その様子が上の写真である
この方法は一々フォイルを巻かなければならない手間のかかる作業であるが、やむを 得ない

≪バラクキバチの被害症状≫
蕾を駄目にする昆虫として、バラゾウムシも知られている
両者の区別は、被害を受けたところの傷口付近を調べ、かもめ型の痕があれば それはバラクキバチと云う事になる


茎の表層部を剥くとかもめ型の傷がある


写真を見ると、明らかにカモメ型の傷跡でありバラクキバチと断定できた

今年は蕾の付かないブラインド枝も多く、その少ない蕾が蜂の被害を受けているのは 情けない!

藤の花と虫こぶ2009/04/23

藤の花
↑ Try to click, please.
ノダフジ 2009年4月17日撮影
 
  • マメ科 Fabaceae
  • フジ属 Wisteria
  • ノダフジ Wisteria floribunda
      (野田藤)

蜂や蝶も慌ただしく花から花へと蜜を求めて飛び回る季節、特に藤は蜂にとって大好物 のようだ
藤は大きく分けて野田藤と山藤に区分されるが、目で見た大きな違いは蔓の巻き方にあ る
前者は右巻き(時計回りで上の方に伸びていく)で後者はその逆の巻き方をする

花から葉に目を転じると、次の写真のような虫こぶ(粒状の突起)が所々にあった
WEB検索したところ、藤の手入れや育て方について詳しく解説されたホームページ 藤枝市藤の里啓発委員会 があった
≪フジツボミタマバエの被害症状≫ 藤の花房が途中から蕾のまま緑の球状になり、咲かないまま落下してしまいます。   多発すると“玉すだれ”のように見え、球を割るとウジ虫状の幼虫が入っています。 この他に葉の方に付く『ヤマフジハフクレフシ』が有るようです。(今回は省略)


タマバエ?の幼虫が潜む虫コブ
藤の葉表面に虫こぶがいくつか見られる


フジのタマバエによる虫害が、最近広がってきているそうだ
上で紹介した藤枝市藤の里啓発委員会のHPは、藤栽培のノウハウがも要領よく書 かれており、オススメのHPである
また、虫こぶの解説書として下記の書籍もおすすめしたい

「虫こぶ入門」薄葉 重 著  八坂書房

ツマグロヒョウモンさん! 産卵場所はお決まり?2007/10/09

ツマグロヒョウモン
一昨日のよい天気に、ツマグロヒョウモンが残り少なくなったスミレを探し求めてやってきました
10月1日のブログでは旅立ちの写真が上手くとれませんでしたので、この蝶の再来を待ち望んでいたところです

早速、カメラを持ち出して一枚パチリ
今回はバッチリと撮れました

飛び立った後でスミレの葉を調べたのですが、気に入らなかったのでしょうか?
タマゴの生んだ形跡が無くガッカリ

もしかして、この蝶は雌ではなく雄かな?

ツマグロヒョウモン2007/10/01

ツマグロヒョウモンの幼虫
2週間前、プランターに植えていたスミレの葉が丸坊主、そこには薄気味悪いどぎつい色で棘が一杯ある毛虫が一杯残り少なくなった葉にしがみついていた
刺されては大変 とばかり、殺虫剤でケムシ退治をした
後で調べたところによれば、このケムシは刺さないらしい

毛虫が苦手でない方は上の画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます

 完全に退治したつもりでいたところ、生き残りの1匹が蛹になった
その蛹は一風変わっており、きらきら光る金属様の突起が5ヶづつ2列に並んでおり、興味をそそられ た

ツマグロヒョウモンの蛹
タテハチョウ科
このように、摩訶不思議な蛹なので、本で調べたところスミレを食べるツマグロヒョウモンと判明、早速こどものためにペットボトルに入れどんな蝶になるか観察させること にした
約1週間後、蛹が盛んに動き始めた
翌朝見ると、すでにボトルの中で蝶になっており、羽化状況を見ることができなかった

羽化したツマグロヒョウモン
底に血を思わせる体液が流れている

こどもはペットボトルで怪我して可哀そうと同情しきりであったが、これは飛び立つために余分の体液を捨てるためだったらしい

次回は、スミレの葉に注意して卵を見つけ、成長過程や羽化するときの様子など見させるつもりでいる

  最後に逃がしてやったが、撮影に失敗、旅立ちの瞬間が紹介できなかったのは残念!

ムカデ(百足)に起こされて2007/07/22

 夜中に腕にチクット針を刺されたような痛みを感じて目が覚めた
数日前にも頚部を襲撃?されており今回で3度目である。首元の場合は場所が場所だけに、痛みがあって腫れあがり次第に痒みもましてきたため皮膚科医院に行った

そのときは、ムカデに刺されたとは思わなかったが、翌日未明に布団を這いまわるムカデを発見した
ムカデやゲジは大の苦手であるが、中には好きな人も居るらしい

 ムカデの図柄は、現在放映中のNHKの日曜大河ドラマ「風林火山」にも武田信玄の使番であるムカデ衆が旗指物として登場している
このムカデ衆は武田武士でも秀でた存在であったようだ

ムカデは毘沙門天の使者で、毘沙門天を本尊とする寺社では丁重に扱われているという(牧田氏のHPの豆知識中に引用されている小学館「東京近郊・ご利益散歩ガイがド」東京散歩倶楽部編著の転載部分)

また、毘沙門天とムカデの関係について、金山で採鉱に携わる人々が特に信仰しているのが毘沙門天で、ムカデは鉱脈を連想させることからとも云われている

ここからは、いい加減の記述で、眉につばでもつけてお読み下さい!

書籍の題名は忘れたが、足という字が地名についているところは鉱山に関係しているという(たとえば足尾銅山など)
なぜ足と鉱山と関連するのかというと、鉱毒で足がおかしくなるからと説明されていた
ムカデは足が沢山あるので、その線で金山とムカデが結びつくというようなことも聞いたが真偽の程は不明・・・

なにか情報があれば、コメント下さい