クレマチスの花2016/05/05

クレマチスの花20160429
↑ Try to click, please.
  クレマチス 2016年4月29日撮影

昨年、玄関前で日避け代わりに植えたクレマチスの紫色の花が、賑 わいを見せています。

今まで、クレマチスとテッセンは同じかと思いきや違うようです。

このブログ「話題シリーズ」を載せる際には、予め調べるようにし ています。
すると、いつの間にか、webサーフィンをする癖が出て・・・・。

ウ!ナニナニ?。イギリスでは 「バラ」が王なら、「クレマチス」が女王に例えられているとな・ ・・?
この情報元は下記
「花咲マニアとア ロマさん」
ホ~~!

とこんな感じです。

「クレマチス」もいろいろ品種が生み出されているようです。

クレマチスも奥が深いようですよ!

四季咲ばら「HTインカ」の2番目の開花・・・・・最終報告2010/06/03

四季咲き薔薇「インカ」
↑ Try to click, please.
インカの花 2010年6月2日撮影
 
  • バラ科   Rosaceae
  • バラ属   Rosa
  • 四季咲き大輪バラ   Rosa hybrida Hort "Inka"
    (園芸種区分:ハイブリット・ティー・インカ)
わずかに香りを漂わせる黄色のばらは1992年にドイツのタンタウ社で産出されました

このばらに注目して剪定から順を追って紹介してきた最終報告です
4月に着いた蕾についてはすでに5月中旬に開花しています

インカの剪定インカの生育状況インカに小さい蕾


ここで紹介した花は2番目の開花で、やや小振りです

来年はあまり強剪定をしないでおこうかな?

四季咲き大輪バラ(ローラ)の花2010/05/20

四季咲き大輪薔薇(ローラ)
↑ Try to click, please.
H.T.ローラ 2010年5月19日撮影
 
  • バラ科   Rosaceae
  • バラ属   Rosa
  • 四季咲き大輪バラ   Rosa hybrida Hort "Laura"
    (園芸種区分:ハイブリット・ティー・ローズ)

1981年にフランスのメイアンによって生み出された品種で微香性を有する薔薇です

花径は12cm位ですが、今年の花は小振りになってしまいました。



この薔薇も剪定し過ぎのため期待通りにはいきませんでした(ノω・、)

サハラ'98(つるバラ)の開花が始まる2010/05/14

↑ Try to click, please.
さはら’98(つる薔薇) 2010年5月14日撮影
 

昨年見事な花をつけてくれた薔薇(2009年5月31日のブロ グ)ですが、黄金虫で根が損傷したことが分かり植え替えをしました

心配していたのですが、やっと立ち直ってくれ花を咲かせ始めました

サハラ'98は1996年ドイツのタンタウ社によって産出された薔薇で 咲き始めは明るい橙ですが、徐々に色が変化して過程も楽しむことができます


今年からフェンス近くで育てたので、来年はもっと見栄えがよくなる筈と期待してい ます

マリア・カラスが咲くには咲いたけど ・・・p(^o^)q2010/05/10

H.Tマリア・カラス
↑ Try to click, please.
H.T.マリア カラス 2010年5月10日撮影
 
  • バラ科   Rosaceae
  • バラ属   Rosa
  • 四季咲き大輪バラ   Rosa hybrida Hort "Maria Callas"
    (園芸種区分:ハイブリット・ティー・ローズ)

この薔薇は1965年にフランスのメイアンによって生み出された品種です

今年は新芽が早く出過ぎ、折角威勢良い芽をかきとったのが災いして、ごきげん斜め ?となってしまい、その後の新芽の出と成長が大きく阻害されてしまいました!

更に、蕾が膨らんで行く過程で気温変動が大きかった為、花の形が崩れたようです

来年は剪定について、もっと慎重にせにゃーならないなぁ~

撃退後のHTバラが開花2010/05/09

花首下をアルミフォルに包んバラ茎蜂を撃退した大輪四季咲きばらが咲きました。このばらは花束を貰った人が挿し木して着いた苗を貰ったもので品種は不明です。
ここをクリックしてシールを取ってね
挿し木したばらAの開花
              ↑ クリックすと拡大画像をみる事ができます

               
花を写真映りのよい場所で撮ってみたのがコレです↓
挿し木したHTばらの花

フォイルを巻く作業は手間がかかりますが、よい方法といえます!

来ないで!ばら茎蜂さんシャットアウトしますよ!2010/05/03

アルミフォイルを巻いた花首下部分
↑ Try to click, please.
アルミフォイルで防御 2010年5月2日撮影
  4月26日にこの昆虫の被害について触れたが、その被害は更に続いている
その対策についてOKWAVEの質問箱に投稿したところ、結論からいって適当な薬剤はな く、防虫ネットで対応しては?という事であった

下記サイト参照
http://okwave.jp/qa/q5858978.html

結局、ばら会で教わったアルミフォイルで対処する事にした
その様子が上の写真である
この方法は一々フォイルを巻かなければならない手間のかかる作業であるが、やむを 得ない

≪バラクキバチの被害症状≫
蕾を駄目にする昆虫として、バラゾウムシも知られている
両者の区別は、被害を受けたところの傷口付近を調べ、かもめ型の痕があれば それはバラクキバチと云う事になる


茎の表層部を剥くとかもめ型の傷がある


写真を見ると、明らかにカモメ型の傷跡でありバラクキバチと断定できた

今年は蕾の付かないブラインド枝も多く、その少ない蕾が蜂の被害を受けているのは 情けない!

残念!バラ茎蜂にやられた!何か良い対策は?2010/04/26

バラクキバチの被害を受けた蕾
↑ Try to click, please.
被害にあった四季咲薔薇の蕾 2010年4月24日撮影
 

暖かさに誘われるように蕾を着けた茎が伸び出し楽しみにしていたが、今朝見ると 上の画像のような状態になっていた

これは、前日のバラクキバチが蕾のついた若枝に卵を産みつけた為 である
残念の一言に尽きる

インターネットで、この害虫の駆除を調べたところニーム剤が良いと書いて あった
この薬剤を実際に使用した方の感想など知らせて欲しい

また、別の駆除法もあったら、コメント下さい

バラ(サハラ'98)の色変化2009/06/06

つる薔薇(サハラ'98)その2
↑ Try to click, please.
CL サハラ'98 2009年6月3日撮影

  前回のブログで紹介した「サハラ'98」のその後

咲き始めは黄色、開花するに従い橙色になり徐々に花弁周辺から赤みが増し、終わる頃には上の写真のように変化する

この薔薇は花数も多い上、その色変化も楽しめる

庭に植えたいお薦めのバラである

つるバラ(サハラ'98)の花2009/05/31

つる薔薇(サハラ'98)
↑ Try to click, please.
CL サハラ'98 2009年5月30日撮影

  昨年末に京成バラ園芸より購入したバラが開花し始めた

マリアカラス・ジャストジョイ・ホワイトクリスマスなどのハイブリット系に比べ、開花時期がかなり遅い。 購入元のカタログによると、 この薔薇は1996年にドイツのタンタウ社の作出で、花径 7~8 cm の丸弁平咲きで微香とあった

蕾が結構ついているので、ここ当分楽しめそうである