簡単!スズメ蜂用トラップ2016/06/28

手製の蜂用トラップ 2016年6月17日撮影

1ヶ月前に仕掛けたスズメ蜂用のトラップ

よく捕れます! 

お勧めしたい手製のグッズ!!




トラップ容器:1~1.5リットル程度の内側が凸凹していないペットボト ル(炭酸系の飲料水の容器など)の上部に近い側面に16mm位のねずみ返 しのある四角形の小窓を開ける。(上と左右はカッターナイフで切り、 下は内側に折り込む)

誘因液(蜂のご馳走?):日本酒1.2リットル+食酢400ml+砂糖500gを よく溶かす。(トラップが約6本作れる量)

これで、ばっちり入りますよ!!

洗濯物に止まっている蜂を知らずに取り込み刺さ れた知人が、次に刺されることがあればショック死する場合もある と医者に警告された由。事故を未然に防ぐ目的でトラップを仕掛け たが、あまりの多さで一寸びびっている次第

バラを防風&遮光ネットで覆っても・・・2016/05/07

ばらにネット20160507
↑ Try to click, please.
  バラとネット 2016年5月7日撮影

強風に煽られ軒並み鉢が倒れて大きく膨らんだ蕾が折れてしまい、 慌ててネット内に入れてホットしたのもつかの間、生き残りの蕾も 開花寸前か、あるいは開花してしまうバラも出現する事態になりま した。

遮光ネットをかぶせてはみたものの、バラ展開催の15日に は持ちそうにありません。

一番のショックは秋に大事なシュートまで折 れる羽目に・・・・

クレマチスの花2016/05/05

クレマチスの花20160429
↑ Try to click, please.
  クレマチス 2016年4月29日撮影

昨年、玄関前で日避け代わりに植えたクレマチスの紫色の花が、賑 わいを見せています。

今まで、クレマチスとテッセンは同じかと思いきや違うようです。

このブログ「話題シリーズ」を載せる際には、予め調べるようにし ています。
すると、いつの間にか、webサーフィンをする癖が出て・・・・。

ウ!ナニナニ?。イギリスでは 「バラ」が王なら、「クレマチス」が女王に例えられているとな・ ・・?
この情報元は下記
「花咲マニアとア ロマさん」
ホ~~!

とこんな感じです。

「クレマチス」もいろいろ品種が生み出されているようです。

クレマチスも奥が深いようですよ!

香りのバラ「HTムーン・シャドー」2016/05/03

ムーンシャドー20160502
↑ Try to click, please.
  HTムーン・シャドー 2016年5月2日撮影

今日の話しも、バラ便りです。

前話の「ラプソディーインブルー」同様、このバラも青色系で1993 年JRC(The Japan Rose Society)香りの大賞を受賞 しています。

RC香り大賞を受賞したバラには「香貴」もあります。2016年5月1日の話 参照

香りの種類を調べようとして、「ムーンシャドー」で検索したら仮面ライダーの画像出現!

青色系バラ「ラプソディー・イン・ブルー」開花2016/05/02

ラプソディ・イン・ブルー
↑ Try to click, please.

  半つる性「ラプソディー・イン・ブルー」  2012年5月1日撮影

暖色系のバラに混じって、青色系バラが咲き だしました。

今年は兎に角早い開花で他のバラの蕾も膨らんできており、今月中 旬のバラ展には、出す花が無くなってしまう恐れが・・・


この写真をご覧になりながら、「ラプソディー・イン・ブルー 」の曲は如何ですか?



このユーチューブはリンク元が削除される可能性がありますので、 その節は御容赦のほどを・・・

ハイブリッドティー「香貴」開花2016/05/01

HT「香貴」20160429
このバラは1995年に京成バラ園芸で作出された芳香性の四季咲き大輪バラ。

心を癒してくれる香りがします。
香りはスパイシーさを有するフルーティというらしいのですが、デリケートな香りを嗅ぎ分ける能力に欠けているせいか、 ああ~!良い香りだな~!としか表現できませんが・・・


最後の楽しみ方は、花の付け根から切って、水を入れたガラス皿に入れ、テーブル・フラワーとしても楽しめますよ!

四季咲大輪バラ「ダブル・ディライト」開花2016/04/27

HTダブル・ディライト
今年は例年より開花が早いようです。

バラ茎蜂のおまじない(4月15日)の結果は7割方上手くいったようです。

ただ、対処が雑なせいで、蜂は間隙を狙って3割位被害にあってしまいました。


来年は、もう少し愛情を持ってしなければ」と反省していますが・・・・。

ワード文書の画像背景を部分的に透明化してみよう2016/04/21


カメラで撮った画像

① サイズはweb用に縮小している


ワードに図を挿入

② 書式で一番左をクリックすると


画像のピンク色部分が削除対象

③ 削除されては困る部分を残すには


保持する領域の変更

④ 一番左隅も「保持する領域としてマーク」をクリックしたのち、ペンマーク
を保持する部分をなぞる。また、削除したい部分があるときは「削除する領域」
をクリックしたのち、同様な操作をする。
最後に「変更を保持」して一連の操作を終える。

最終的画像

⑤ 出来上がり画像で、空の部分が透明化している。



垣根の薔薇2016/04/19

↑ Try to click, please.
  垣根のバラ 2016年4月19 日撮影

「薔薇が咲いた♪薔薇が咲いた♪真っ白な薔薇が~♪・・・・・・」

垣根の野ばらが威勢よく咲きだしました。
知人からバラ名を聞いたのですが、かなり大きい一重のバラです
多分野生種だと思いますが、病気知らずでかなり成長も早い丈夫なバラです。

開花前は虫も寄せ付けず、また人も寄せ付けないように鋭い棘だらけ

油断大敵!、開花を待っていたかのように黄金虫のご訪問?!

このバラの名前がお分かりの方は教えて頂ければ幸せです!

バラ茎蜂対策のおまじない?2016/04/15

↑ Try to click, please.
  「HT香貴:(四季咲きバラ)」2016年4月15日撮影

昨年一年間は殺虫剤・殺菌剤を一切噴霧せず放置状態にしたためウドンコ病、黒点病に痛めつけられバラにとっては受難の年であった。

例年ならば12月中旬になっても葉が残り中々冬眠しないので強制的に葉をとっていた。

ところが昨年は黒点病ですべて早々と落葉していまい、茎に栄養を貯めることもできない状態であった。

それにも拘わらず、葉も順調に出て蕾も膨らみ始めた。

その頃を狙って出現するのが、バラ茎蜂である。

この被害については以前、このブログでも触れた。

(「残念!バラ茎蜂にやられた!何か良い対策は?」2010年4月26日の話題)

今年は、この虫が来ないようにオマジナイとして、茎にアルミフォイルを巻き付けたが・・・・・

さ~て!オマジナイの結果は如何に